[家族のカタチ ひきこもりの像]

講師の米須惟謙さん(右)からパソコンの技術を学ぶ48歳男性(中央)と16歳少年=1月31日、うるま市勝連平安名・チャレンジドセンターてぃだ

 沖縄県うるま市の福祉事業所「チャレンジドセンターてぃだ」(松堂勝雄理事長)が、ひきこもりの人向けにパソコン教室を開いている。生徒は同市内でひきこもり状態にある48歳男性と16歳少年の2人。就職や自活を目標に週1回、教室で肩を並べ、技術を磨いている。在宅ワークに特化した求人も増えており、同センターは「家でできる仕事につなげたい」と展望を描く。(「家族のカタチ」取材班・又吉嘉例)

◆技術を身に付けたい

 1月31日、教室では生徒2人がモニターに向かい、検定対策や地域の事業所のチラシ制作など、それぞれの課題をこなしていた。

 48歳男性は中学生の頃から30年以上ひきこもっている。ひきこもりのきっかけや当時の悩みは「忘れてしまった」。両親と暮らす実家では炊事や掃除などをこなす。

 支援者の紹介で、昨年10月から受講を始めた。「年齢や親のことを考え、そろそろ外に出たいと思った。就職のためにもパソコンの技術を身に付けたい」と表情を引き締めた。

◆家でできる仕事を

 16歳少年も中学1年で集団生活がつらくなり、不登校になった。

 パソコン教室について「長い文章を間違えずに打ち込めると達成感がある。何もしていない時より、一歩ずつでも前に進んでいる感覚がある」と手応えを感じ、「外に出て職を探すのは不安がある。いろんな検定に合格して、家でできる仕事がしたい」と話した。