重度知的障がいがあり、3月に3度目の高校受験に挑む仲村伊織さん(17)=北中城村=の一日は、地域の人々との交流が多い。小中学校時代の仲間と過ごす時、一番楽しそうな表情を見せる。同級生の一人は「伊織は大切な友達。近くにいるのが当たり前だから、構えず自然に接することができる」と振り返る。