社説

社説[新型肺炎の政府方針]遅きに失した感否めぬ

2020年2月26日 07:26

 政府の対策本部は25日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の国内でのさらなる感染拡大に備えた基本方針を決定した。

 政府は発生時、空港や港などでの水際対策を重視していた。だが、沖縄県内を含め各地でどこで感染したか不明な患者が確認される段階に入り、新たな方針をまとめる形になった。感染の急拡大という最悪の事態は当初から想定するべきことだった。国民の理解と協力を得る観点からも決定は遅きに失したという感は否めない。

 基本方針は、今後、患者が大幅に増えた地域では、広く外出自粛を求めていくほか、一般の医療機関でも感染者を受け入れる。重症者を優先し、軽い症状の人に自宅療養を呼び掛ける。重症者を優先的に診る医療機関などを整備し、死者の発生を最小限に食い止める態勢を確保する。

 政府の対策本部や専門家会議は、国内に大規模な感染拡大が起きている地域はないと現状を分析する一方、「これから1~2週間が急速な拡大か終息かの瀬戸際」という見解を示している。

 基本方針は感染の不安から事前に相談をしないままむやみに医療機関を受診するのは感染のリスクを高めることになると警告した。受診者の殺到は医療機関の機能をまひさせ、重症者への救命に労力を割けなくなる恐れがあるだけではなく、医療機関が感染を拡大させる場所になりかねない。

 軽症者に自宅療養などを求め、拡大か終息かの重要な局面である。安倍晋三首相自らが国民に訴えるべきだったのではないか。

■    ■

 専門家会議などは風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上続くか、強いだるさや息苦しさがある人は、各地の保健所に設置された「帰国者・接触者相談センター」に電話してから受診するよう求めている。県は20日に設置した24時間コールセンターでも相談を受け付けている。

 感染が広がった地域で、専門的な医療知識がない一般の軽症者がどのようにすべきかは基本方針には示されていない。

 軽症でも感染者の不安は大きい。自宅療養の留意点や看護方法を速やかに明確してほしい。

 基本方針で、自衛策として、自宅などで勤務するテレワークや時差出勤などの推進が盛り込まれた。企業や個人を含め社会全体で感染防止に取り組むことが重要だ。

■    ■

 連休明けの東京株式市場は、新型肺炎の感染拡大で世界景気が悪化するとの懸念が強まり、日経平均株価が急落、下げ幅は一時1000円を超えた。世界の市場で株安が連鎖した。

 県内でも中国からの団体客の中止やクルーズ船の寄港中止、航空路線の運休などで観光客が減少し、観光業界に打撃を与えている。その影響は多くの業界に出始めている。

 県内は中小、零細企業がほとんどだ。症状が出た場合に休養ができる環境づくりやテレワーク導入への助成などきめ細かな企業支援が欠かせない。

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
ベジテーブルブログ
ベジテーブルブログ
野菜宅配サービス「ベジテーブル」。レシピ通りに作れば、おいしくて健康的な料理が短時間で手軽にできちゃいます。
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
Tokyo沖縄めし
Tokyo沖縄めし
東京都を中心に首都圏にある沖縄料理店はおよそ600店。「ちむどんどん」する、心躍る沖縄の味を求めて、こだわりの店を紹介します。
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機。購読は有料会員への登録が必要です。
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報。購読は有料会員への登録が必要です。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
新聞から得るジンブンはビジネスの最強ツール!新入社員研修やOFF-JTにNIB講座「新聞の読み方講座」はいかがですか?
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
問題解決に向けた挑戦を沖縄タイムスの「広報力」で後押しするクラウドファンディングサービス。プロジェクト検索はこちらから。
タイムスふれあい事業
タイムスふれあい事業
地域の福祉を応援する「タイムスふれあい事業」。申請方法などはこちらをご確認ください。締め切り5月20日
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。