沖縄タイムス紙面掲載記事

[大弦小弦]

2020年2月26日 05:00

 教科書で習う社会学者マックス・ウェーバーは1920年、スペインかぜによる肺炎で亡くなった。1820年前後には、コレラが世界的に猛威をふるった。中世の人を震え上がらせたペストは1720年、仏マルセイユで大流行があった▼感染症に「100年周期説」がある。2020年の新型肺炎も、図ったように当てはまる。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気