沖縄タイムス+プラス ニュース

何かが一瞬光る様子が…首里城火災の監視カメラ映像を公開

2020年2月26日 19:05

  内閣府沖縄総合事務局国営沖縄記念公園事務所(首里城公園)は26日、首里城火災直後の監視カメラ4台の撮影動画を報道陣に提供した。

公開された首里城火災の監視カメラの画像(内閣府沖縄総合事務局国営沖縄記念公園事務所(首里城公園)提供)

 撮影日時は2019年10月31日午前2時30分から4時31分までで、約10分間に映像をまとめている。①正殿1階内部②正殿北口側③後之御庭から正殿裏④御庭から正殿正面―を捉えた。

 このうち午前2時30分の①の画像では、暗い中で何かが一瞬光る模様が撮影されている(赤丸部分)。光った場所には立ち入りを規制する金属製ポールが立っていたという。

 警備員らの出入りや、消火器を噴霧する姿、那覇市消防局の消火活動なども収められており、時間とともに画像は順次途絶えていた。

映像:内閣府沖縄総合事務局国営沖縄記念公園事務所(首里城公園)提供

 
 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気