三菱地所(東京都、吉田淳一社長)は26日、沖縄県宮古島市のトゥリバー地区に建設を予定しているホテル運営をヒルトン(米国)が担い、ホテル名を「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」に決定したと発表した。今秋以降に着工し、2023年の開業を目指す。ヒルトングループのホテルが、県内の離島へ進出するのは始めて。

「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」の建設予定地=宮古島市のトゥリバー地区(三菱地所提供)

 地上8階建て。敷地面積は5万4769平方メートル、延べ床面積は2万7983平方メートル。全329客室を予定している。レストランやバー、屋内外プールや、ウエディングチャペルなども併設する。建設は鹿島建設が担う。

 ヒルトン日本・韓国・ミクロネシア地区の運営最高責任者、ティモシー・ソーパー氏は「開業準備中のホテルを含めて県内6カ所目のホテルとなる。宮古島へ訪れるお客さまに特別な体験ができるよう、最高のサービスを提供したい」とコメントした。