沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄国際映画祭、新型コロナ対策で規模縮小 4月16日開幕 首里城再建願い守礼門前に残歴板

2020年2月27日 18:00

 4月16日開幕の「島ぜんぶでおーきな祭 第12回沖縄国際映画祭」(主催・同実行委員会)まで残り50日となった26日、カウントダウンボードの除幕式が那覇市の首里城公園・守礼門前であった。県出身お笑い芸人のガレッジセールや県内41市町村全力応援芸人、関係者が映画祭をアピールした。

守礼門の前でカウントダウンボードを囲み映画祭をアピールする関係者ら=26日、那覇市・首里城公園

 首里城復興を願い、今年は守礼門前での除幕式開催となった。カウントダウンボードは首里城公園や那覇市役所など県内5カ所に設置される。

 大﨑洋実行委員長は「映画祭の時期以外も皆さんと盛り上がっていきたい」とあいさつ。ガレッジセールのゴリさんは「首里城の復興を早める手助けができたらうれしい」と語った。

 実行委員会は同日、新型コロナウイルスの国内感染を受け、映画祭の規模を例年より縮小して開催する方針を示した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気