濃密な文体で人間の狂気や生死を見つめた「内向の世代」の作家、古井由吉さんが18日午後8時25分、肝細胞がんのため東京都内の自宅で死去したことが分かった。82歳。東京都出身。(共同通信)