沖縄タイムス+プラス ニュース

渡名喜が東京五輪代表に内定 柔道女子48キロ級 両親が南風原町出身

2020年2月27日 15:06

 全日本柔道連盟強化委員会が27日、東京の講道館で行われ、女子48キロ級は両親が南風原町出身の渡名喜風南(パーク24)が東京五輪代表に内定した。渡名喜の五輪出場は初めて。

東京五輪の柔道女子48キロ級代表に内定した渡名喜風南=2017年12月(小笠原大介東京通信員撮影)

東京五輪の柔道女子48キロ級代表に内定した渡名喜風南=2017年12月(小笠原大介東京通信員撮影)

東京五輪の柔道女子48キロ級代表に内定した渡名喜風南=2017年12月(小笠原大介東京通信員撮影) 東京五輪の柔道女子48キロ級代表に内定した渡名喜風南=2017年12月(小笠原大介東京通信員撮影)

 男子66キロ級と昨年11月に素根輝(環太平洋大)が内定した女子78キロ超級を除く12階級の内定選手が決まり、男子73キロ級は大野将平(旭化成)、女子52キロ級は阿部詩(日体大)などが選ばれた。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング