キャッシュレス決済のポイント還元制度で、店員自身のクレジットカードによる決済や架空の取引申請などでポイントを不正に受給した疑いがある事例が少なくとも5千件程度見つかったことが27日、分かった。(共同通信)