【ニューヨーク共同】カナダ放送協会(CBC)は27日、カナダを拠点に生活している英王室のヘンリー王子夫妻の警護について、カナダ政府が今後数週間で打ち切る方針だと伝えた。政府がCBCに対し声明で明らかにした。

 声明は夫妻が3月末に王室の公務から正式に退くことに伴う措置だとしているが、夫妻に対して多額の費用を費やすことに対しては国内で反発が強く、国民感情も考慮した結果とみられる。

 声明は、昨年11月以降、カナダ政府が夫妻の警護費用を負担していたことも明らかにした。政府はこれまで、英国と協議中だとして、費用負担を公に認めていなかった。(共同通信)