【東京】日米地位協定を研究する琉球大学の山本章子講師が27日、日本記者クラブで講演し、地位協定の運用に関する日米間の取り決め「合意議事録」の問題などを取り上げ解説した。現状の地位協定は本文に反する運用がなされているとし「民主的な議論を経ず成立した合意議事録が上位に来る運用はおかしい。