共同通信 ニュース

空手の宮原が東京五輪代表確定 組手女子で初

2020年2月28日 23:59

 【ザルツブルク(オーストリア)共同】空手のプレミアリーグ(PL)ザルツブルク大会は28日、オーストリアのザルツブルクで開幕し、組手女子の宮原美穂(帝京大職)が、東京五輪の女子55キロ級の日本代表となることが確定した。空手では5人目の代表確定で、組手女子では初めて。

 宮原美穂

 宮原は女子50キロ級で3月1日の決勝に進出し、世界空手連盟(WKF)五輪ランキングで日本勢2番手の山田沙羅(大正大職)に日本連盟が定める基準以上の差をつけた。五輪では女子50キロ級は55キロ級と統合され55キロ級となる。

 形女子の大野ひかる(大分市消防局)は3位決定戦に進んだ。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気