首里城 象徴になるまで

首里城への向き合い方は十人十色 再建の在り方「さまざまな意見を交わして考えた方がいい」

2020年3月3日 10:00

[首里城 象徴になるまで](15) 古い地図を見ながら、街を歩く。那覇市の出版社に勤める編集者、新城和博さん(57)の習慣だ。歴史に関心を寄せ、沖縄戦に巻き込まれた学校や、地域で親しまれた雑貨店、書店などの跡をたどり、往時を思う。「首里城まで失われたのは、不思議な気がする」という。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気