南城市は昨年末に酒気帯び運転で摘発された市農林水産部の主幹兼係長を2月28日付で停職6カ月の懲戒処分にした。

(資料写真)パトカー

 係長は昨年12月22日午前4時ごろ、那覇市内で摘発された。聞き取りによると呼気から基準値約3倍のアルコールが検出。

 飲み会後に運転代行業者を呼び、待機中に乗用車をコインパーキングから出したところだったという。