沖縄タイムス+プラス ニュース

沖展が中止決定 9月に入賞作品の特別展 前売り券は全額払い戻し 3月19日から作品返却 

2020年3月4日 17:05

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、沖縄タイムス社は4日、ANAアリーナ浦添(浦添市民体育館)で21日から4月5日に開催を予定していた第72回「沖展」の中止を決めた。関連式典の表彰式や合同祝賀会などすべての行事を取りやめる。中止に伴い、入賞作品74点を展示する「特別展」を9月にタイムスビルで開催することも決めた。表彰式の別途開催も含めて、詳細は決まり次第、発表する。

 毎春開催している沖展は16日間の会期中、幅広い世代が3万人近く来場しているが、現段階で感染拡大の収束の見通しが立たないことや、作品保護のため会場の窓を開けられず十分な換気を行えないことなどから、不特定多数の人が濃厚接触する恐れがあると判断し、感染予防のため中止を決めた。今回は約800点の展示を予定していた。

 1月15日から販売している前売り券は購入した各プレイガイドで全額払い戻す。

 出品者への作品返却は前倒しし、3月19日から順次、会場のANAアリーナ浦添などで行う。会員、準会員を含む出品者へは詳細を郵送で通知する。

 問い合わせは沖縄タイムス社文化事業本部、電話098(860)3588(平日午前10時~午後5時)。作品返却の問い合わせは沖展事務局、電話080(6480)8900(平日午前10時~午後5時)。

4月の選抜展も中止 うるま市で開催予定

 4月9日から15日にうるま市生涯学習・文化振興センターゆらてくで予定していた第44回沖展選抜展も中止する。問い合わせは同市教育委員会、電話098(923)1571。

沖展開催70周年を記念して、ウェブサイトを公開。これまでに開催された展覧会の図録を閲覧いただけるよう、デジタルアーカイブとして公開します。 >>「沖展オフィシャルサイト」


連載・コラム
きょうのお天気