米民主党上院トップのチャック・シューマー院内総務は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を定めた日米両政府の決定は「環境そして人道的見地から厳しく批判されたものであり、批判は今後も続くだろう」との認識を示した。