共同通信 プレミアム

【深掘り】習氏の国賓来日延期 首相、保守層の離反警戒し先送り メンツに配慮し日中同時発表

2020年3月6日 16:00

 日中両政府が新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、習近平国家主席の4月国賓来日の延期をほぼ同じタイミングで表明した。いずれのメンツも傷つかないように、同時発表とした形だ。日本が先送りを期待した背後には、反対論の広がりもあった。安倍晋三首相は足元の保守層の離反を警戒し、先送り路線へ軌道修正したとみられる。

 新型肺炎に関する研究報告を聞く中国の習近平国家主席(手前左)ら=2日、北京(新華社=共同)

 ▽弱み

 「感染症の拡大防止を最優先する必要がある。そうした後に、しっかり準備を行う」。菅義偉官房長官は5日の記者会見で、延期に関しこう説明した。北京でもほぼ同じ時刻に、中国外務省の趙立堅・副報道局長が会見で先送りに言及した。正式決定していない外交日程の延期を、両政府が明らかにするのは異例だ。

 同時発表にこだわった日本からは「こちらから延期を求めれば、習氏を受け入れられないほど日本はウイルスに振り回されている印象を与えてしまう」(政府筋)との懸念が透ける。中国サイドにも、延期を言い出せば「習氏が国内を離れられないほど追い詰められている」と受け取られかねないとの不安があった、とみる向きは日中関係者の間で根強い。

 外交筋によると、日中は両国で感染が広がった2月以降も、自ら弱みを見せたくないとの観点から、いずれも政府間協議の場で「延期」を提起しなかった。官邸関係者は「これはメンツの問題。どちらも傷つかないよう同時発表するのは、自然な流れだ」と解説する。

 ▽束縛

 習氏来日1カ月前のこの時期の同時発表を目指したのは、これ以上、日程に余裕がなくなると、日本側の手続き問題で国賓の習氏と天皇陛下の会見をセットできない事態に陥る恐れがあったためだ。宮内庁は、外国要人が天皇陛下に会見を希望する場合、1カ月前までに届けるとした「1カ月ルール」を外務省と申し合わせている。政府がこの国内ルールへの抵触を理由に、習氏来日を拒む展開を避けたかったのは間違いない。

 役所の取り決めにすぎない1カ月ルールに政府が束縛されるのは、2009年に鳩山政権がこのルールに反する形で当時の習副主席と天皇陛下(現上皇さま)の会見を設定した際、世論から中国の言いなりだとして批判された経緯があるためだ。野党だった自民党は、批判の急先鋒(せんぽう)に立っていた。外交筋は「1カ月前を切っても来日を模索する選択肢は、首相にはなかった」と指摘する。

 ▽追及

 首相が強く意識したのが、自民党議員を含む保守層の反発だ。同党の山田宏氏は3月3日の参院予算委員会で、習氏来日延期を決めるかどうかを質問。日本維新の会の松沢成文氏は、来日日程に配慮し、初動を誤ったことが感染拡大の原因ではないかと追及した。

 首相は「(対中)配慮は全くない」と即座に否定したが、首相に好意的とされる保守層の突き上げを「相当気にしている」(官邸筋)のが実情だ。2月28日には来日に反対する作家の百田尚樹氏を公邸に招待し、夕食を共にした。ツイッター上で影響力がある百田氏の発信力を懸念し、自らの考えを直接伝える必要があるとの判断がにじむ。

 習氏来日の新たな日程は未定。首相は秋以降をにらみ日程を再調整するが、実現の道筋を付けられるかは見通せない。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
皆様のご投票をお待ちしております。
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。