沖縄タイムス+プラス プレミアム

米軍機が低空飛行 地元住民「わざわざ民家の上を」 基地区域外で訓練 根拠なしでも政府は容認

2020年3月10日 05:00有料

[骨抜きの主権国家 日米地位協定60年](19) 東村高江で造園用の花木の生産と販売を手掛ける浦崎直秀さん(72)の自宅は、谷あいにある。 少し先には米軍北部訓練場。約3500ヘクタールの面積に15カ所のヘリパッドを持つ。上空を毎日のように海兵隊のAH1Z攻撃ヘリやCH53E大型輸送ヘリが飛び交う。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間