【市塚和枝通信員】世界各地で新型コロナウイルスの感染拡大が伝えられる中、イタリアでも感染者が増加している。ミラノ、ロンバルディア州と、隣のヴェネト州、エミリアロマーニャ州と北部一帯に感染者が集中している。その中で2月22日 ミラノから約70キロ南の町コドーニョで78歳の女性が感染死亡者となった。国はこれら3州の多くの町の封鎖を指示し、今も人の出入りができない状態になっている。

 現在 イタリアではミラノをはじめ、他の州においても、全ての学校は休みとなり、イベントは全て中止。公共オフィスも閉め、ジムも閉鎖。喫茶店は夕方6時までに閉店し、イタリア人の最大の楽しみでもあるサッカーも無観客試合。重要なあいさつの方法である握手や抱擁もやめるようにと、全てに自粛ムードが広がる。

 ミラノ市長は新聞で「このように封鎖、禁止令ばかりでなく社会の動きを取り戻したい。早々に美術館、レストラン、飲食店などの営業を再開したい」と話しているが、いまだに収束のめどは立っていない。

(写図説明)イタリアの地方別、新型コロナウイルス感染者数