沖縄の家によくある貯水タンク。水道からの水をため、炊事や風呂などで日常的に使われているが、定期的な清掃は浸透していない。水量10トン以下の貯水タンクは水道法で清掃が義務付けられていないためだ。内部で藻やさび、虫が発生していた事例もあり、沖縄県生活衛生課や清掃業者は年1回の清掃を勧めている。