【東京】環境省は10日、河川など水環境中に含まれる有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)とPFOA(ピーホア)の目標値を検討する有識者会議を開き、合計で1リットル当たり50ナノグラムとする「暫定指針値案」を提示し、了承された。パブリックコメントや環境省の審議会を経て、4月以降に適用される見通し。