【東京】政府は10日の閣議で、沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤に関し、追加のボーリング調査は必要ないとの答弁書を決定した。最大深度90メートルまで軟弱地盤が広がっていると指摘される「B27」地点について「地盤の特性を十分に把握できている」とした。