【東京】沖縄県名護市辺野古の新基地建設の環境影響評価(アセスメント)の手続きを巡り、小泉進次郎環境相は10日の衆院環境委員会で、軟弱地盤改良に伴う設計変更後のアセスの必要性に関し「事業者は本事業にすでに着手している。環境影響評価の手続きをやり直す必要はない」との環境省見解を改めて説明した。