【中部】環境省が河川などに含まれる有機フッ素化合物の暫定指針値を定めたことを受け、宜野湾市の松川正則市長は、「詳細を確認したい」とした上で、「国として環境保全に取り組んでいることは評価できる」とコメントした。 一方、指針値を超えた場合の原因究明やその後の対策については「1市町村ではなかなか厳しい。