東日本大震災から9年となった11日、岩手日報社(盛岡市)は那覇市内で特別号外を発行した。同社や県内新聞社、震災直後に同県で救助活動をした那覇市消防局職員らが、街頭で計800部を配った。 特別号外の発行は、復興支援への感謝と被災地の現状を伝える目的で、沖縄では初めて。