沖縄県は12日、うるま市の養豚農場で、県内7例目となる豚熱(CSF)を確認したと発表した。発生は16日ぶり。同日、飼育している440頭の殺処分を始めた。豚に発熱や異常などの臨床症状はなかったという。