7例目の豚熱(CSF)が確認された12日、搬出制限に苦悩する制限区域内の養豚農家には動揺が広がった。沖縄県内ではワクチン接種が6日に始まったばかり。収束に向けて新たな一歩を踏み出した直後の新たな感染確認に「生き地獄」との悲鳴が上がる。