沖縄県沖縄市のゲート通り沿いで自家製ハム・ソーセージの専門店「TESIO(テシオ)」を営む嶺井大地さん(36)が中心となり、街のフェスティバル「KOZA SUPER MARKET(コザ・スーパーマーケット)」が14日正午から市内で開かれる。ゲート通りや一番街、パークアベニュー周辺にある飲食店など24の専門店が、その日限りの趣向を凝らしたイベントを一斉に開く。

14日に沖縄市内の専門店が開く「コザスーパーマーケット」をPRするテシオの嶺井大地さん=6日、沖縄市中央・同店

 当日は、一つの場所に集まる形ではなく、それぞれの店舗が通常営業の中でイベントを各自開くスタイル。

 コザ・スーパーマーケットの開催に合わせ、東京のデザイナーに発注し、24店舗の紹介やマップを描いたタブロイドも2千部製作。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各店舗に消毒液を設置するなど、対策も万全に講じた上で実施する。

 嶺井さんは「このイベントを通して、コザという街の面白さをさらに広められれば」と意気込んでいる。

 イベントは午後5時まで。問い合わせはテシオ、電話098(953)1131。