【東京】県内の米軍基地周辺から高濃度で有害な有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)が検出されていることを受け、河野太郎防衛相は13日の記者会見で、米政府が近く公表するPFAS浄化に向けたタスクフォース(特別任務班)の報告書を日本での一つの参考指針とし、国内での対応に当たる考えを示した。