大宜味村農村活性化センターでこのほど、第1回全麺協段位認定沖縄大会(主催・一般社団法人全麺協、共催・大宜味手打ちそば倶楽部)が開かれた。この日は大宜味手打ちそば倶楽部(宮城久美子代表)でそば打ちを学んでいる生徒13人が初段認定に挑み、全員が合格を手にした。

手打ちそばの段位認定に挑む参加者=2月23日、大宜味村

 大宜味村では和そばを栽培しており、村の特産品として県民にも浸透しつつある。一方で手打ちそばの技術は難しく、これまで村内では機械打ちで提供していた。

 昨年の3月に開催された新そばまつりに参加していた全麺協のメンバーが、手打ちそばを客の前で披露。見事な手さばきとそばのおいしさに感動した地元の女性たちが「自分たちも手打ちで作ってみたい」と立ち上がり、大宜味手打ちそば倶楽部を発足した。沖縄でも日本そばが受け入れられることを知った全麺協のメンバーも協力した。

 大宜味手打ちそば倶楽部は現在20人の会員がおり、昨年6月から月に1回、全麺協のメンバーを講師に招いて手打ちの技術を学んでいる。

 段位認定では13人が6~7人の2組に分かれ、40分間に10人前のそばを打つ。水回し・こね、のし、切りの3工程などを全麺協の審査員が審査した。段位認定が決まると、生徒たちは涙を流して喜んだ。

 宮城代表は「大宜味のそばで地域おこしに貢献したい。ゆくゆくは観光につなげられたら」と話した。(倉持有希通信員)