[骨抜きの主権国家 日米地位協定60年](21) 県内空域の運用を調査する「Ryukyu Sky Observers」の喜友名健二さん(48)は、米軍嘉手納基地を中心とした空域に対し「民間機の航空にとてもストレスがかかり、事故につながりやすい環境だ」と警鐘を鳴らす。