沖縄タイムス+プラス プレミアム

最高裁は弁論開かず 地方自治の声封じ国策強行にお墨付き 辺野古関与取り消し訴訟

2020年3月17日 12:06有料

 名護市辺野古の新基地建設を巡る「国の関与」取り消し訴訟で、最高裁は弁論を開かず、県側の敗訴確定が濃厚となった。同訴訟は地方自治を破壊する危険性をはらんでいるだけに、最高裁は公開法廷で丁寧に審理を尽くすべきだったのではないか。県民の声を無視する国の手法と同様に、司法の在り方も問われる。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気