今の社会のままでは、同様の事件はまた起きる-。16日の死刑判決に、当事者や県内の障がい者団体は「第二の植松被告が出ないというわけではない」と警鐘を鳴らし、障がい者に対する社会の理解や在り方を変えていく必要があると訴えた。