沖縄タイムス+プラス ニュース

予約ゼロ、売上は9割減 沖縄観光の海外エージェント 新型コロナで苦境に 撤退の検討も

2020年3月21日 05:30

 新型コロナウイルス感染拡大の影響は、外国客の受け入れを担う沖縄県内の海外旅行社にも大きな影を落としている。世界的な旅行需要の低下や、日本への入域制限などに伴うツアーキャンセルが相次ぎ、3月以降の予約件数が0件となり、売り上げが前年同月比9割以上減少した事業者もある。国の雇用調整助成金の申請や、従業員を休職させて経営をつないでいるが、中には沖縄からの撤退を検討している事業者もある。(政経部・仲本大地)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、閑散とした国際線出発ロビー=9日午後、那覇空港旅客ターミナルビル(下地広也撮影)

 少人数のグループツアーの受け入れを担う那覇市内の韓国旅行社は、日韓関係悪化の影響に伴う韓国客の減少で経営が悪化。追い打ちをかけるように、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、予約のキャンセルが相次いだ。売り上げは前年と比べ、1月は半減、2月は8割減、3月に至ってはほぼ0という状況だ。

 代表は「1月に入り、韓国客の需要が回復の兆しを見せていた。飲食部門も立ち上げ売り上げ減の穴埋めを図ろうとした直後だっただけに、頭が真っ白になった」と嘆く。

 外国人である従業員は就労ビザの制限で他の仕事に就くことは難しく、休職中の収入を確保できないという。また「休職中の従業員が入国規制で本国に戻れず路頭に迷っている」と厳しい現状を訴えた。

 同市内の中国の旅行社は、昨年2~3月に1億4千万円あった売り上げが、今年は1千万円に激減。リース契約の観光バス5台分の支払いも厳しい経営をさらに圧迫する。

 担当者は「先行きが見通せない状況だ。助成金だけでは足りず、従業員も休職させている。中には沖縄からの撤退を考えている旅行社もいる」と窮状を明かした。

 香港からツアー客やクルーズツアー受け入れを担う香港の旅行社は、3月5日ごろから予約のキャンセルが相次ぎ、3月中旬ごろから香港客の予約はほぼない。県民向けの旅行や、出張など沖縄から県外への送客でなんとか経営をつないでいるという。

 経営者は「5月以降まで長引けば、運営資金がショートする。地元客の需要をなんとか取り込み、苦境を脱する糸口にしたい」と話した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
特設ページ「お店の味をおうちで楽しもう!テイクアウト&デリバリー」の登録店と人気メニュー、店主らの思いを紹介します。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。