9日の夕方、知念海岸の防波堤にピトンをセットしてタマンを狙った赤嶺光城さん。大潮の満潮時で水深3メートルになる場所、強い南風を背にして、餌に使用したマグロの頭を50メートル先まで遠投してチャンスを待った。日没後の夜の潜りの準備をしている漁業関係者が消波ブロックに待機している。