沖縄電力(浦添市、本永浩之社長)は18日、太陽光や風力発電といった再生可能エネルギーの出力制御を5月のゴールデンウイーク(GW)までに実施する可能性があると発表した。