沖縄タイムス+プラス ニュース

飛行機代、宿泊費の「自腹」が負担に? 新型コロナ、強制力ない空港待機 沖縄に再び緊張感

2020年3月23日 05:00

 新型コロナウイルスの感染が1カ月間確認されていなかった沖縄県内で、新たな感染が確認された。県が警戒していた県外からの持ち込み事例。県内の緊張は再び高まることになった。

新型コロナウイルス感染の経緯を説明する砂川靖保健医療部長(中央)、糸数公保健衛生統括監(左)、平敷昭人県教育長=21日午後、県庁

 10代女性ら一行が成田空港に到着したのは20日午前9時半だった。

 一行が訪れていたのは政府が入国制限対象地域に指定し、訪問者全員に新型コロナ感染検査を実施していたスペインのマドリード。成田空港検疫所は検査結果が出るまで一行に空港内待機を要請した。

 しかし要請はあくまで「お願いベース」と県。強制力はなく一行はそのまま沖縄に移動した。県保健医療部の砂川靖部長は、一行ら家族への直接の聴き取りはまだとしつつ「乗り継ぎ便が決まっていたことが大きかったのでは」とみる。

 検査結果が判明したのは20日午後11時ごろで、要請に従えば一行は空港内の指定スペースでほぼ1日待機しなければならず、乗り継ぎ便をキャンセルする必要があった。

 航空便変更や宿泊費用は自腹で、さらに検査で陰性でも、2週間、自宅などでの待機が必要となる。公共交通機関を使わなければ帰宅できない今回のような事例は、2週間分の宿泊費用も自腹で負担しなければならない可能性もあった。

 砂川部長はこうした事情を踏まえ「要請に応じなかったことへの見解は難しい」と言葉を選びつつ「他人に感染させない観点から協力はしてほしかった」と述べた。

 玉城デニー知事は13日、感染防止で県主催のイベントを中止・延期する方針を見直し、対策を十分講じることを条件に開催すると発表したばかり。イベント開催方針の変更について、砂川部長は「別の誰かへの二次感染が確認されれば、再度、方針見直しは必要だと思う」との認識を示した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気