沖縄タイムス+プラス ニュース

台湾のコロナ対策、墓参りもネットで 政府が利用を呼び掛け

2020年3月24日 06:00

 【松田良孝通信員】各地で墓参が行われる4月の清明節を前に、台湾政府や主要な地方政府がインターネットを使った墓参りなどで混雑を避けるよう呼び掛けている。新型コロナウイルス対策の一環。故人を悼むバーチャル空間の開設は日本でも珍しくないが、台湾では政府が感染症対策の推進ツールとして着目した格好だ。

台湾の金門県政府が開設しているインターネットの墓参サイト

 台湾では3月20日までに新型コロナの感染者135人が確認され、政府が全ての国を対象に不要不急の出国を行わないよう呼び掛けている。

 今年は4月4日が清明節で、2~5日が4連休となる。墓参りのほか、行楽に出る人も少なくなく、例年は沖縄行きの航空便も混雑する。

 台湾政府内政部(省)は3月10日、清明節の墓参による新型コロナの感染拡大を防ぐ方策の一つとして、主要な地方政府が開設しているネット追悼サービス(線上追思服務)の利用を呼び掛けた。

 台北市がネット上に開設している「線上祭拝」のページでは、墓苑や納骨堂、海葬など9種類のパターンが用意され、利用者は一つをクリックする。選択した場所の写真とともに、花を供えたり、手を合わせたりする供養の所作がイラストで示され、画面上で墓参りを行うことができる。

 台北から飛行機で1時間ほどの所にある離島の金門県も同じようなネット上の追悼サービスを開設している。

 内政部によると、千人以上の参加が見込まれる法要は各地ですでに中止や延期、ネット中継などの決定が相次ぐ。(1)墓参りの分散(2)代表者による少人数の墓参(3)直接墓参りできない人向けにネットを使って中継する-などの対策を挙げ、「政府とともに新型コロナウイルス対策に努力してほしい」と呼び掛けた。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
皆様のご投票をお待ちしております。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
特設ページ「お店の味をおうちで楽しもう!テイクアウト&デリバリー」の登録店と人気メニュー、店主らの思いを紹介します。