沖縄タイムス+プラス ニュース

観光客減が打撃 沖縄で初・新型コロナでレンタカー会社が倒産 負債総額3億9千万円

2020年3月23日 17:57

 新型コロナウイルスの感染拡大による経営環境の悪化で、アクアレンタカーを営むニューステップ(那覇市、新垣弘行代表)が23日、那覇地裁に民事再生の手続きを申し立てた。同社と代理人の与世田兼稔弁護士らが同日、那覇市内の事務所で会見した。売上高の2割を占める台湾人観光客の来沖がなくなり、売り上げが急減、資金繰りに窮した。新型コロナの影響で県内企業が倒産するのは初めてとみられる。

那覇の市街地

 負債総額は3億9038万円。債権者は84人で、30日に債権者説明会を予定している。債務超過額は2億4621万円。7月13日までに再生計画案を提出する。自力での再建が困難な場合は県内の同業者やその他企業との提携・支援による再建を検討する。

 ニューステップは2011年6月に設立。2018年決算は売上高4億1613万円を計上している。新型コロナの影響で、売上高に占める台湾観光客の割合が急減し、2月は6・7%にまで落ち込んだ。3月は売り上げがゼロとなり、今月20日以降のリース代金の支払いが困難になった。

連載・コラム