琉球銀行と沖縄銀行は23日、ATMの利用手数料を相互に優遇する取り組みを4月6日から始めると発表した。双方の顧客が、同じ手数料でそれぞれのATMを利用できるようになる。顧客の利便性向上を目指し、昨年から検討を進めてきた。ATMの運営効率化が図られ、コスト削減につながる側面もある。

ATM利用手数料を相互に優遇する提携を発表した琉球銀行の松原知之専務(左)と沖縄銀行の金城善輝専務=23日、那覇市の県銀行協会

 ATMの利用を相互に優遇する金融機関の提携は全国でも進んでおり、県内地銀が組むのは初めて。例えば、平日午前8時~午後6時の間に、琉銀の顧客が沖銀のATMで現金を引き出すと手数料が110円かかるが、これが無料になる。平日の午後6~9時と、土日祝日の手数料220円も半額の110円となる。

 琉銀は2月末現在で178カ所、沖銀は251所でそれぞれATMを運営。このうち、重複するエリアは112カ所になるという。

 23日、那覇市内で会見した琉銀の松原知之専務は「提携でキャッシュポイントが大幅に増え、利便性が高まる」と意義を説明。沖銀の金城善輝専務も「県内には2行の口座を持つ人も多い。どこに行っても迅速に使いやすい状態になる」とメリットを語った。