那覇市楚辺(そべ)にある國吉長男さん(72)の自宅家庭菜園でパッションフルーツ90個が実っている。石垣の友人から苗を譲ってもらい育て始めて15年。國吉さんは「収穫までもう少し。今年も多く実ってくれた」と誇らしげに語った。

パッションフルーツを育てている國吉長男さん(右から2人目)=14日、那覇市楚辺

 自宅を20年前に建ててから屋上で妻の賀代さん(72)とともに念願だった家庭菜園を始めた。パッションフルーツのほかにもミニトマトやマンゴー、シークヮーサーなども育てており、「朝ここでトーストを食べたり、コーヒーを飲んだりするのが至福のひととき」と笑顔で話す。

 孫の長陽(ながはる)さん(12)も家庭菜園を手伝う一人。「おじいちゃんの作るパッションフルーツは甘くてめっちゃおいしい」と今年の収穫を楽しみにしている様子だった。