沖縄タイムス+プラス ニュース

「県外旅行できるだけ自粛を」 沖縄県知事、初の要請 新型コロナ7例目確認で

2020年3月26日 12:46

 沖縄県の玉城デニー知事は26日、那覇市在住の30代男性が新たに新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。

対策会議で県外旅行の自粛を呼び掛ける玉城デニー知事=26日、県庁

 男性の接触状況や行動歴は那覇市保健所が調査中だが、「(国内外からの)移入例と思われる」とした。

 玉城知事は「国内では東京や大阪などの大都市圏で感染が急速に拡大している。不要不急の県外への旅行はできるだけ自粛してほしい」と述べた。知事が県外旅行の自粛を求めるのは初めて。

 男性は22日から発熱の症状があり市内の医療機関を24日に受診、主治医が肺炎像を認めた。保健所に連絡し、ウイルス検査をして26日、陽性が確認された。

 県関係の感染の確認は計7人になった。県内では2月に、集団感染の起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客から感染したと見られる患者ら3人が感染した。いったん、感染の確認は途絶えていたが、3月下旬になって21日、23日、24日と計3人の感染が相次いだ。いずれも国外や県外で感染したと見られるケースだった。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気