名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄県の埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の裁決を「違法な国の関与」として、県が国を相手に起こした「国の関与」取り消し訴訟で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は26日、県側の上告を棄却した。県敗訴が確定した。

最高裁(資料写真)

 判決確定により、県が那覇地裁に起こした別の辺野古関連訴訟や、玉城デニー知事の今後の戦略にも影響を与えそうだ。