沖縄タイムス+プラス プレミアム

結論ありき、ご都合主義の最高裁判決 辺野古の国関与訴訟で本多滝夫・龍谷大教授

2020年3月27日 15:00

 最高裁判決は「私人成り済まし」論にすり寄った点で問題だ。その論理は、知事が出願を審査する要件は共通しており、処分があってはじめて埋め立て事業ができるようになるという点で、私人が出願する埋め立て免許処分も、国の機関のみが出願できる埋め立て承認処分も変わりがない、というものだ。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気