米軍が渡嘉敷島に上陸した翌日の1945年3月28日、住民らは旧日本軍の命令で島北部の北山(ニシヤマ)に集まり、「集団自決(強制集団死)」で330人が犠牲になった。当時11歳で渡嘉敷国民学校6年生だった大城政連(せいれん)さん(86)も大けがを負い、幼い弟を失った。母は家族の死を懇願し、叔父は自分の家族の命を奪った後、大城さん一家にも手を掛け、「自決」した。(社会部・新垣玲央)

渡嘉敷島の「集団自決跡地」。後方の谷間で75年前、住民らが「集団自決(強制集団死)」に追い込まれた

自身も死の現場に直面し、弟を失った大城政連さん=渡嘉敷村・渡嘉敷島

渡嘉敷島の「集団自決跡地」。後方の谷間で75年前、住民らが「集団自決(強制集団死)」に追い込まれた 自身も死の現場に直面し、弟を失った大城政連さん=渡嘉敷村・渡嘉敷島

◆玉砕場

 米軍が沖縄上陸に向けて大空襲をかけたのは3月23日。沖縄本島攻略の足掛かりにするため、26日に阿嘉島、慶留間島、座間味島、そして27日には渡嘉敷島の渡嘉志久海岸と阿波連海岸に上陸した。

 阿波連に住む大城さんは空襲の日から、母と2人の幼い弟と共に山中へ避難した。大雨の中、山裾の恩納河原(ウンナガーラ)から北山に移り、たどり着いた「玉砕場」では泣き声や悲鳴が響いていた。

 「米軍に捕まれば、鼻と耳をそがれ、いたずらされ殺されると聞いていた。もうみんな、最後の場所を選んでいた」。

 家族ら数人で手りゅう弾を囲んで「自決」を図ったが、不発。母は「やっちー、わったーやーにんじゅー、へーくくるして!(兄さん、私たち家族を早く殺して)」と叔父にせがんだ。叔父は「まっちょーけ(待って)」と言って棒を手に取り、まず自らの家族を殴り始めた。