オリオンビール(早瀬京鋳(けいじゅ)社長)は27日、2020~22年度の中期経営計画を発表した。既存商品のリニューアルやブランド力の強化を図り、県内でのビール類販売数量シェアを現在の44%から55%に引き上げる目標を掲げた。

(資料写真)オリオンビールの商品。オリオンドラフトとオリオンクリアフリー

オリオンビール中期経営計画のポイント

オリオンビールの早瀬社長

(資料写真)オリオンビールの商品。オリオンドラフトとオリオンクリアフリー オリオンビール中期経営計画のポイント オリオンビールの早瀬社長

 酎ハイ、ハイボールも含めた総合酒類販売の体制を整え、県外・海外向けの販売にも注力する。営業力強化や人事制度改革で経営基盤を強固にし、24年中の新規株式公開(IPO)を目指す方針だ。

 野村キャピタル・パートナーズと米投資ファンドのカーライル・グループによる買収で新経営陣が発足後、初の中計。早瀬社長は「本土のビールメーカーに比べ、規模はベンチャー。追い掛けるというより、全く新しい提案で県民を驚かせたい」と語った。

 オリオンは昨年来、缶酎ハイ市場に参入し、WATTA(ワッタ)を発売。プレミアムビールの75(ナゴ)ビールの売れ行きも好調だ。

 一方で、市場調査の結果を踏まえ、主力のオリオンドラフトの約5年ぶりとなる改良を盛り込んだ。新ドラフトは伊江島産の麦を使い、6月9日に発売する。サザンスターや75ビールも種類を増やし、それぞれ「沖縄ナンバーワン」を目指す。

 酎ハイやハイボールなどの事業では、現在8%のシェアを19%に引き上げる。フィットネスクラブのRIZAP(ライザップ)と提携し、糖質ゼロの缶入りハイボール、缶酎ハイの発売も4月下旬に予定。ワッタのプレミアム商品も検討している。

 県外、海外向けには投入エリアや商品展開の再構築を図り、EC(電子商取引)展開を強化。プレミアム商品の出荷も増やす。社内改革は、年功序列を前提としない、役割と達成度に基づいた人事制度へ移行するなど、やりがいの持てる職場環境を整備する。