オリオンビールの中期経営計画は、ビール類の販売数量で県内シェアを現在の44%から2022年に55%へ引き上げる方針を打ち出したのが特徴だ。シェアを奪われてきた国内4大ビールメーカーに攻勢を掛け、収益力を向上させる狙いだ。