【東京】豚熱(CSF)の感染経路などを解析する農林水産省の疫学調査チームは27日、沖縄市とうるま市で感染が確認された沖縄県内5、6例目もウイルスが新たに海外から侵入した可能性は低いとする調査結果を発表した。1~4例目の発生農場から車両や野生動物を介して広がった可能性が高い。