国土交通省大阪航空局と沖縄総合事務局は29日、那覇空港貨物地区で、那覇空港第2滑走路の運用開始を記念したセレモニーを開催した。菅義偉官房長官や赤羽一嘉国土交通相、衛藤晟一沖縄担当相、玉城デニー沖縄県知事ら約100人が参加。新型コロナウイルス感染症による影響を懸念しながらも、出席者らは「羽田、成田、関西に次ぐ国内4空港目の3千メートル級滑走路2本となった那覇空港は沖縄経済発展の起爆剤になる」と期待した。

那覇空港第2滑走路の運用開始を祝い、テープカットする関係者ら=29日午後、那覇空港貨物地区前

 菅官房長官は7年数カ月だった工期を5年10カ月に短縮した経緯を振り返り、「政府のインバウンド政策で、全国平均で4倍、沖縄は8倍に外国人旅行客が増えた。第2滑走路は、観光産業を中心とする沖縄の発展を考えた時、大きな役割を果たす」と語った。

 赤羽国交相は、各地で外出自粛要請が出るといった厳しい状況でセレモニーを開いた意義について「観光政策で掲げる2030年訪日外国人旅行者数6千万人の目標達成には、魅力あふれる沖縄観光の復活は不可欠。沖縄から反転攻勢ののろしをあげたい」と強調した。

 玉城デニー知事は「新型コロナウイルスの収束状況を勘案しつつ、観光客の来訪を回復する政策を積極的に展開する。アジアのダイナミズムを取り込むため、沖縄、日本の重要な玄関口になる那覇空港の安全の確保、利便性の向上に努め、2本の滑走路の能力を最大に生かした世界水準の拠点になるよう取り組みたい」と意欲を示した。

 関係者らがテープカットし、祝福した。セレモニーは参加人数を減らし、時間を短縮したという。